セルフネイルを綺麗に塗るコツ

MENU

セルフネイルを綺麗に塗るコツ

セルフネイルを自宅で楽しんでいる方は結構いると思います。

 

しかし、セルフネイルならではの悩みもありますよね?

 

はみ出してキレイに濡れなかったり、
仕上がりが凸凹になってしまったりとマイナートラブルは付き物です。

 

では、ネイルサロンへ行かなくても綺麗なネイルはできるのでしょうか。
ちょっとしたコツをつかめばあなたも綺麗なネイルができちゃいます。

 

綺麗なネイルにするコツは、塗り方はもちろんの事、
塗る前にもポイントはあります。
爪の状態をきちんと整える事も大事なんですね。
よくそのままマニキュアを塗ってしまう方がいますがそれは最大のNGパターンです。

 

まず、しっかりと爪の汚れを取り除き綺麗にしてからベースコートを塗りましょう。

 

ベースコートは爪の色素沈着を防止したり爪を守ってくれる働きがあります。
ネイルカラーを塗る前には必ずこの2つの工程を忘れないようにしましょう。

 

この工程ができて初めてネイルカラーを爪に塗っていきます。
塗り方のコツは、マニキュアを取りすぎない事!
そして塗る順番は中心から始まり左・右と塗っていき、
最後に爪先をもう一度塗りましょう。
爪の先の方は知らないうちに剥がれてしまう事が多いので、剥がれにくくする為です。

 

基本中の基本ですが、ネイルカラーは2度塗りしましょうね。
薄い色のカラーの場合は3度塗りしてもOKですが、
その場合は発色を確認してから塗るといいでしょう。

 

厚塗りでボコボコしたネイルになってしまうと見栄えも良くありませんからね!

 

全て塗り終えたら最後の仕上げにトップコートを忘れずに。
トップコートはネイルが剥がれるのを防止するだけではなく、
ネイルに艶を与えてくれるので、
トップコートを塗らないのと塗ったのとでは仕上がりに差が出てきます。

 

透明なものがメジャーですが、ラメ入りのものもあったりするので
好みの物を選んでみて下さいね!